奈良のしかさんのブログ

来年から働き始める大学生です。留学のこと、本で気に入った表現、などなど書き連ねていこうと思います。

Facebookの誕生日通知をオフにしたら、当日ちょっと嬉しいことがあった話

Faceboookを使い始めて、はや8年。

きっかけはニュージーランド人の子がクラスに留学にやってきて、つながったときだったかな。

日本に波が来る前にこっそりアカウント作ってやってみてた高校生時代。(そのころはmixi全盛期でFacebookなんて誰も見向きもしない時代だった…)

 

それから毎年誕生日には、こんな私なんかにでもメッセージ書いてくれる人がいるもので、それらを返信して夜が終わる。そんな誕生日でした。

私自身もそれで人の誕生日を知ることが多かったから、ほかの人の誕生日通知がきたら「前にお世話になったし、お祝いしようかなー」くらいに思ってメッセージ送ってたんです。

 

でも最近ちょっと考え始めて、なんかそれでFacebookから教えてもらって機械的にお祝いするのって、、ちょっとどうなのかなぁと思いはじめました。

Facebookから他人の誕生日教えてもらうのって、ありがたみがないというか、、、あたたかさがないというか、、相手のこと考えてるよっていうちょっとした気配りややさしさの筋肉を衰えさせているような気がしてしまってました。もちろん、メッセージくれるだけでもとても嬉しい。けどFBに教えてもらって反応する関係性以上のものが、友達と、上司と、家族と築けたらすばらしいなと思いませんかね…?

 

それで、覚えきれない誰か友達の誕生日を聞いたらメモするとか、っていうことをやりはじめました。筋力低下を防ぐためにね…!

 

なので自分自身の誕生日通知も今年初めてオフに。

誰か覚えててくれる人がいるものだろうか・・・?

っていうか、当日は当分わくわくするでもなくまあふつうに過ごすんですがね。

 

と、その日一日大学6年生としてふつうに授業に出て、卒論書かなきゃなと思ってたところでした。(6年目なので知り合いは限られる)

そしたら、偶然大学院の先輩にばったり会い、祝ってくれました・・・!!嬉しい!

次に、高校時代の友達から「大恐慌始まった日だよね、おめでとう」、と笑 史実とともに伝えておくのは効果ありですねw

 

とFBの通知なくても2人覚えててくれた~~~

嬉し~~~~

 

ここでいいたいのは、多いだろうという自慢でも、少ないだろうという自虐でもありません。

 

生で覚えててくれる誕生日のお祝いって、もらうと超うれしいですよ!

 

おすすめ!!

 

いじょう!

「優秀な若者ほど自民党支持者多い」社会はかなしい

 

「売り手市場が続いてほしい」——20代が希望の党より自民党を支持する理由 | BUSINESS INSIDER JAPAN

「優秀な若者ほど自民党支持者多い」っていうのはもっともだし、とてもわかるんだけど、さみしい。

 

おそらく今どの野党も政権をとれる状態にはないと思う。財政、金融、エネルギー政策など多様な分野に詳しい人がいるのは自民党だけ。海外の要人とパイプがあるのもほとんど自民党議員だろうし。

 

だから、国家公務員の方だって分野によっては、多分野党からの質問って「どうしてこんなこと必要なのかなぁ、この質問って的得てないし必要ないんじゃないか」ていう感じなのではないか?

もっともだ。

「目の黒いうちは民主党にだけは絶対入れない」と誓った若者が2017年の選挙を語る - かくいう私も青二才でね

 

何事をやるにしても、まずプレイヤーにならないと本気でやる意味がない、といわれる。政治家になりたいのなら、自民党を選ばないと意味がないし、国際協力分野であの国の開発を支援したい!と思うのなら、外務省に入らないと意味ない。

社民党で戦っても自分の力では何もできないことを悟るだけだし、小さなNGOで現場で草の根国際協力してもただただ権力を前に批判するだけ、になってしまうからね。うん。たしかに、そうなんです。

 

だから、「頭のいい」若い子たちは自民党に入るし、官僚になる。

でもどうしても思ってしまうのは、ロジカルで、頭脳明晰で、相手に寄れる人が非プレイヤー側にいけない社会ってどうなんだろうか・・・。

 

人口減少が進みに進む30年後、わたしたちはそういう社会で「最低限度の生活」で生きていけるのだろうか。そのとき私は53歳。

安倍晋三さんは93歳、菅直人さんは101歳、山尾志桜里さんは73歳、音喜多駿さんは65歳、小泉進次郎さんは66歳か。(ちなみにトランプさんも101歳。)

 

80歳まで働く人がほとんどの時代。

いま年金を収めてても、それ以下しかもらえない時代。

おそらく中国の国力がめちゃくちゃのびて、「頼れるアメリカ」なんていない時代。

 

このときのために、私たちはいま誰に何を求めればよいのだろうか。

こんな時代になるんだったら子供なんて生むんじゃなかった、子供がかわいそうすぎる、なんて思う50年後、100年後をむかえるなんてごめんだ。

そもそも坂本竜馬的なものを求めてしまう姿勢そのものが「何もしてないじゃないか!」と言われてしまうかもしれない。そしたら私は何をすれば正解なんだろうか?

 

賢い人ほど自民党に流れる社会の中でどういう選択をすれば、ちょっとはいい時代を迎えられるのか、考え続けねば。

 

100年時代の人生戦略

 少し前のことになりますが、去年話題になったLIFE SHIFTを読んでみました。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 

 某ニュースサイト風にざっくりいうと

・教育→仕事→引退 という人生の3ステージは崩壊する

・お金に換算できないもの(スキルと知識、仲間、変わろうとする心とか)がないと100年時代の恩恵を受けられなくなる

・長寿化時代には自己意識が根本から揺さぶられる

かな~。

一番そうだよな、と思ったもは「若々しさ」「子どもらしさ」が価値になる話。一般的に若い方が、思考に柔軟性があり適応力が高い。大人のように保守的なものの考え方が形づくられておらず、特定の行動パターンにも染まっていない。

 

以前までだったら、「変わらない」ことはマイナス要素には全くならず、むしろよい方向に向かっていたかもしれない。でも寿命が100年になる時代では、硬直性は本当にマイナスになり、若々しさの価値が高まるのだとか。今の50代、60代の人が70歳とかになる時は、50年前の70歳よりも見た目、心ともに若くなるかもしれない、、、。

 

やば。。。というのも、年を経るにつれて思考が凝り固まってしまってあ~保守化しているなぁ私。と思うことが最近増えたからです。いつまでも自分の心は若い、柔軟に生きる!!と思っていたのに、無意識のところで「いやいやいや、現実みろよ」って勝手にブレーキをかけるようになってしまっていました。

何かを考える時には、クレイジーに、子どものようにならないと。

そんなことも考えました。

 

 

 

就活に関して思うことをフレッシュな立場から考えてみた。

来年から都内で働く予定(就活終わったばかり)なので、就活やキャリア選択に関して思うことをフレッシュなうちに残しておこうと思います。

 

何度冷静になって考えても、日本の新卒採用活動ってちょっとおかしいなと思います。

まぁたくさんそういう風に思っている人は多いのだろうけれども、なぜか従属してしまういやらしさ。反抗しているはずなのに、あれ従属している…。

私は1年かけて【自分探し】(という名の就活と公務員試験勉強と大学院探し)をしたのですが、やっぱりいろんな選択肢を考えてみることは大事だなぁと思います。ちょっと時間かかるけど。

 

数ある選択肢が与えられている人は幸せです。それは私やあなたが超頑張ったからではなく、そういうものが「与えられている」から。

 

だからこそ、そういう人には積極的に将来の道を選ぶ責任があるのだと私は思います。

「他に可能性がなかったから」「みんながしているから」はもしかしたら、消極的なのかもしれません。

 

みんなが留学に行くから、みんなが就活してるから、みんなが大手にいくから、みんながベンチャーに行くから、みんなが起業してるから、みんなが院試の勉強してるから、みんながフリーランスの道を探っているから、みんなが公務員試験の勉強してるから、みんなが教採受けるから。

全部一緒です。

 

あなたにしかできないことがあるのに、ちょっともったいないかも。

 

人間は知っているものの仲からしか選べないのです。だから、いろ~んな世界を見て「マツコの知らない世界」のマツコのところに自分の名前を入れて、知らない世界を垣間見る時間って必要だと思うのです。

 

 

それで、居心地の良い温室からちょっとだけ足を踏み出してみる、そんな勇気がもしかしたら人生をとっても面白いものにするかも。そんな風に思っています。

 

 

「劇場」(又吉直樹)の世界観

「劇場」(又吉直樹、新潮社)を読んでみたので、印象に残ったところをメモしておきます。なんかこの人、私と似たような幼少時代を送ってきたのかもしれないな、と直感で思わされた気がします。登場人物が考えている言葉の節々や、切り取る風景からなんとなく。

あと、昔住んでいた三鷹や高校生の時によくぶらぶらした吉祥寺の街がこういう風に、映像を見るように表現されているのは個人的に嬉しくなってしまいます。

劇場

劇場

 
続きを読む

初めまして(自己紹介と書きたいこと)

 

 

 

都内の大学生です。来年から就職ですが、ブログを書くことは時間のあるうちにやっておきたいことの一つだったので、挑戦してみます。特に留学に関してのブログは、自分自身も初めてのことで、不安が多かったのでどなたかの助けになれれば嬉しいなぁと思って頑張って書きたいと思います。

 

ここのブログで書いてみたいこと

 

・2015年7月〜2016年6月までのイギリス交換留学の記録、旅行の記録

(毎日日記をつけていたので、それを参考にフラッシュバックして書きます)

・就職活動を通して考えたこと

・読書の感想、気に入った表現(忘れないために)

・日々感じていること(〇〇に挑戦してみた!とか)

 

 

f:id:avocadodays:20170601163101j:plain

(旅行で行ったドイツ・マールブルクの朝日)

 

よろしくお願いいたします!

【留学4日目】Pre-sessional コース

申し遅れましたが、イギリスはロンドンで通っている大学は、

ロンドン大学東洋アフリカ研究学院。

www.soas.ac.uk

 

この大学では、study abroad programme(要するに私のように1年間だけ、現地学生に混じって授業とれるコース)を受講する学生にIELTS7.0(当時)が入学条件でした。

しかし私はそのときまでにスコアが達成できていなかったので、8週間英語コースをとることを条件に入学を認めるよ!っていう「条件付き入学」枠で申請。

 

「SOAS」の画像検索結果

学校の入り口はこんな感じ

 

なので、10月に始める授業より二か月早く行って語学研修 pre-sessional に行かなくてはならなかったのです。

pre-sessional コースの構成は、

午前中がWriting、午後がSpeaking(5日間連続)× 8週間

でクラスのメンバーは変わりませんが先生が変わります。

speaking classは5週目からは、各々の興味に応じて(business, politics, culture, developmentとか)クラス替えがありました。

 

で、今は1週目でして、いきなり午後クラスのグループプレゼンで日本のmascline society について話すことに・・・。ホフステッドが提唱した、「男性らしい社会」「女性らしい社会」で日本男性性の強い社会だということを実証しなくてはならんのです。

 

Hofstedeは50カ国以上,11万6000人を超えるIBM社員を対象にした実証により,文化差異を求め, 「権力格差」,「個人主義集団主義」,「男性らしさ―女性らしさ」,「不確実性の回避」といった 4つの文化的次元を見出した。

<男性らしさ‐女性らしさ (Masculinity – Femininity)> 男性らしさ‐女性らしさについては,「仕事の目標」というテーマにより分類されている。 仕事の中でも「給与」,「仕事に対する承認」,「昇進」,「やりがい」といったことを目標にする社会を「男性らしさ」と定義しており, 「上司との関係」,「仕事の協力」,「居住地」,「雇用の保障」に目標をおく社会を「女性らしさ」と定義している。

こちらより引用↓
Hofstedeの多文化社会理論 | 大石研究室

 

グループなので、ここ3日間は予定を調整したり、スカイプやグーグルドライヴで作業したりが多そうです。メンバーは上海のお嬢様中国人エイミー(ビジネスで修士号めざしている)と韓国人ユジョン(開発学で修士号めざしている)。

 

クラスの面々については次の記事で紹介しようとおもいます!